So-net無料ブログ作成

いつも助かってます [軽井沢ライフ]

先日、職場のPCに軽井沢のMさんからメール。
軽井沢の気温が、ついに最高気温も氷点下になったので
うちの山荘が凍結してないか見回ってきたけど
問題ありませんでした、とのこと。
ありがたいことです。

山の家を建てようと思ったとき
何人かがこう言って私を脅した。
「別荘は管理が大変よ~」
「主婦は、掃除だけで疲れきっちゃうって話よ」
「自分で持ったりしないで、
 ホテルや友だちの別荘をたまーに借りるのが一番って話よ」。

結論。
そんなこと、ぜーんぜんありませんでした。
ま、もっとも、昭和初期に建てられたような
旧軽の奥の、ベッドルームが6つもある
本物のお大尽の別荘はメンテナンスが大変なのかもしれないが。
そういう別荘にはもれなく常勤の別荘番がついているものだろう。

もちろん私は家事全般が苦手です。
ゴハンは、自分と家族が食べるくらいは作るけれど
片付けとか掃除とかすっごく苦手。
そんなことをするくらいなら会社でバリバリはたらいて
そのお給料で、そういうことの得意な女性に
おまかせしたほうがずっといい。

ということで、
軽井沢の家は、Mさんのところにもろもろお願いしている。
Mさんは社長で、うちをお掃除してくれるのはYさん。
Yさん、どこかの会社の保養所で永年、管理人をされていたとかで
もー、ホントにプロ中のプロなのだ。
おかげで毎回、山の家に行くと
家じゅうがぴっかぴか♪
先日おどろいたのは、クロゼットの中の息子のパンツが
恐竜のプリントをこちらに見せて
キレーイに収納されていたことだ。
そんなわけで、着いた瞬間から、兼業主婦の私も、心から寛げるというわけです。

唯一の難点といえば
それで東京に帰ると、
マンションの鍵を開けたとたん
「……」な気持ちになることだ。
だってずーっと散らかってるんだもん。
Yさん、東京にも来てくれないかなー、といつも思う我が家です。

写真は、昨秋の私の誕生日に
無彩庵でいただいたランチの
デザートで来た、柿のケーキ。もっとおしゃれな名前がついてたけど失念。
美味しかったです。
kaki.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:住宅

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。